薄毛の原因と不安を考える

薄毛の原因は家計では・・


子供の頃友人に、母方の祖母が薄毛なら自分も危険なのだと聞いたことがあります。その時、薄毛は男性だけの問題ではなく、女性にも当てはまるのだと驚きました。当時、女性の髪は一部の男性のように薄くなったりしないと根拠もなく考えていました。友人に言われてからよく周囲の女性を見てみれば、頭頂部の薄毛で悩む女性が意外に多いと気付きました。

そして家系を考えてみれば、自分も他人事ではなく、この髪はいつまでも健康に生え揃っているとは限らないと感じました。多くの女性にとっては髪は、己を飾る宝石よりも大切な存在です。失うかもしれないという可能性があるだけで大きな悩みになります。しかし幸い今は、付けていると気付かれにくいウイッグが安価でも手に入ります。育毛の技術も日々進歩しています。

髪について悩みすぎて、女性らしい物腰や態度が損なわれたり、不安から生じるストレスを溜めることの方が悪手なのかもしれません。スマホやパソコンで調べれば必要な情報がすぐに手に入る今の時代、髪の不安をどうにかする対策や手段は容易く手に入ります。薄毛の家系の事はとりあえず頭の片隅にでも置いておき、心身共に健康的な生活を送る事が大切なのでしょう。


薄毛の原因は血行不良かと思う・・


以前からシャンプー時の抜け毛が多いことが気になっていましたが、髪が長いのでそれが指に絡まって多く見えているのだろうと思っていました。ところがこの前、友人が撮った自分の写真を見たときに、初めて頭頂部が薄くなっていることに気づいてショックを受けました。私はまだ20代です。

産後はホルモンバランスの関係で薄毛になるという話を聞いたことはありますが、まだ妊娠出産は経験していません。毎日鏡を見ていますが、正面からだと分からないのでまったく気づきませんでした。具体的には前髪と後ろ髪の境目が、他に比べて明らかに薄くなっていて地肌が目立ちます。美容師さんに相談したところ、まずは分け目を変えることを提案されました。

ずっと同じ分け目だと常にそこの頭皮が晒されて、疲弊してしまうのだそうです。そしてシャンプーの際にしっかりと頭皮をマッサージすることを指示されました。毛根に栄養がいかないと毛が細くなってしまうのですが、その毛根に栄養を届けるには血行の良い頭皮にすることが大切で、それには頭皮のマッサージが効果的だそうです。

現在はお風呂場での頭皮マッサージを欠かさずに行っています。髪を乾かした後も、しっかりした硬さのブラシを用意し、ブラッシングも根元から刺激を与えて血行が良くなるように梳かしています。


ページのトップに戻る↑